メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとり・キャンパる

英語村の常連になって /鳥取

 公立鳥取環境大のキャンパス内にある「英語村」について紹介したい。大学が運営する無料の英会話サロンで、他の学生やスタッフとテーブルを囲み、コーヒーを飲みながら英語でコミュニケーションしている。学外から市民も参加できるオープンな場だ。

 ここにはアメリカ、フランス、オーストラリアなどさまざまな国から来たスタッフたちがいる。14日にはドーナツが用意され、新入生歓迎会が開かれた。料理や工作など1時間程度のアクティビティー(活動)も時々企画され、大学のホームページから日程を確認できる。

 1、2年生は英語科目が必須で、全員が月に何度かは英語村に通う。20分間参加するとパスポートの形をした手帳にスタンプを押してもらえる。スタンプの数はペーパーテストの成績に加味されるので「英語が不得意だ」と自覚している学生ほど、英語村に通うメリットは大きい。

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  3. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです