メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
科学の森

「核のごみ」 揺れる台湾 離島に保管、島民は移転要求

 アジア初の原発ゼロ政策を掲げる台湾が、原発から出た「核のごみ」に頭を悩ませている。南部の離島・蘭嶼(らんしょ)島には低レベル放射性廃棄物が一時保管されているが、放射線に対する不安のため地元は島外への搬出を求めている。原発の「負の遺産」に揺れる現地を取材した。【鈴木玲子】

 ●「暫定」名目で35年

 「最初は缶詰工場が建設されると聞いて喜んでいたが、後になって放射性廃棄物の貯蔵施設だと聞かされた。ずっとだまされてきた」。蘭嶼島の先住民族タオ族の古老、シャプン・ガナウンさん(80)が憤った。島は広さ48平方キロで台湾本島から約80キロ離れ、人口は約5000人。トビウオ漁が盛んな自然豊かな島だが、南側には台湾電力(台電)の低レベル放射性廃棄物貯蔵施設「蘭嶼貯存場」を抱え、台湾では核のごみ問題の象徴になっている。

 「暫定保管」との名目でごみの搬入が始まったのは1982年。今年3月に施設を訪ねると、入り口には「貯…

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1772文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです