メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮国連代表部

「突然の先制攻撃も」米韓訓練に警告

朝鮮人民軍創建85周年(25日)を祝う朝鮮人民軍軍種合同攻撃演習を視察する金正恩朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信、朝鮮通信

 【ニューヨーク國枝すみれ】北朝鮮の国連代表部は26日に声明を発表し、朝鮮半島近海への米原子力空母「カール・ビンソン」の派遣や米韓砲撃訓練に対し、「(米国と韓国の挑発には)陸海空軍などの軍事行動を伴う対抗措置を即時取る」と反発。対抗措置には「突然の先制攻撃を含む」と警告した。

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の25日の社説でも「懲罰的な先制攻撃を加える」と先制攻撃の可能性に触れているが、国連代表部声明で言及するのは初めて。国連安全保障理事会は28日、北朝鮮問題を議題にした閣僚級会合を予定しており、声明は会合を前に、北朝鮮に対する国際的な圧力を強化されないよう、けん制したものとみられる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  2. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  3. 熊本地震 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由
  4. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人
  5. 弘前さくらまつり 開幕 花見客、昨年の2倍以上25万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]