広島・原爆資料館

CGパノラマに賛否 東館リニューアル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

ぼろぼろになった子供服に涙

 約2年半ぶりにリニューアルオープンした原爆資料館の東館(広島市中区)。初日の26日は雨だったが、朝から修学旅行生や外国人など多くの観光客が訪れ、最新技術を用いた展示に見入った。被爆した資料が並ぶ「本館」は改修のため閉鎖したが、東館1階で一部資料を仮設展示しており、ぼろぼろになった子供服などを見て涙を流す人もいた。

 リニューアルでは、本館を「8月6日」を追体験できる空間、東館を歴史などを勉強する空間と位置づける。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文779文字)

あわせて読みたい

注目の特集