メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・忠岡町

泉州タオルでキノコ栽培 ブランド化へ

タオルで栽培されたエノキタケ=田中修・甲南大特別客員教授提供

 大阪府忠岡町と町商工会が泉州産のタオルを使ったキノコ栽培に乗り出す。甲南大の田中修特別客員教授(69)=植物生理学=が開発した、おがくずを使わない栽培技術を活用した試み。ノウハウを地元業者に無償で提供し、来年度中の事業化を目指す。面積が3.97平方キロと町として日本一小さい忠岡町は「狭い場所でも栽培できるキノコを町のブランドに育て上げたい」と意気込んでいる。

 田中教授によると、一般的なキノコ栽培は、おがくずに菌糸を付け、養分として米ぬかを加えて容器で育てる…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです