大阪

ペット霊園、突如閉鎖 骨掘り出され放置 枚方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
愛犬の遺骨があるとみられる場所の前で手を合わせる女性=大阪府枚方市杉北町のペット霊園「宝塔」で2017年4月25日、加藤佑輔撮影
愛犬の遺骨があるとみられる場所の前で手を合わせる女性=大阪府枚方市杉北町のペット霊園「宝塔」で2017年4月25日、加藤佑輔撮影

 大阪府枚方市杉北町のペット霊園「宝塔」が今年1月末に突然、閉園した。利用者への告知は霊園にある看板だけで、敷地には犬などのペットの骨が掘り出されて放置されている。「大切なペットなのに、かわいそう」「うちの子の骨はどこ」。霊園を訪れた利用者から悲痛な声が聞かれ、涙を流して手を合わせる人もいた。【加藤佑輔】

 宝塔のホームページ(HP)には、「創業26周年」「お寺で安心供養、完全個別火葬のペット霊園」などと記されている。火葬・納骨する「一般葬」とそのまま埋葬する「自然葬」があり、緑に囲まれた霊園の敷地内に多くのペットが埋葬されていた。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文974文字)

あわせて読みたい

ニュース特集