メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

ペット霊園、突如閉鎖 骨掘り出され放置 枚方

愛犬の遺骨があるとみられる場所の前で手を合わせる女性=大阪府枚方市杉北町のペット霊園「宝塔」で2017年4月25日、加藤佑輔撮影

 大阪府枚方市杉北町のペット霊園「宝塔」が今年1月末に突然、閉園した。利用者への告知は霊園にある看板だけで、敷地には犬などのペットの骨が掘り出されて放置されている。「大切なペットなのに、かわいそう」「うちの子の骨はどこ」。霊園を訪れた利用者から悲痛な声が聞かれ、涙を流して手を合わせる人もいた。【加藤佑輔】

 宝塔のホームページ(HP)には、「創業26周年」「お寺で安心供養、完全個別火葬のペット霊園」などと記されている。火葬・納骨する「一般葬」とそのまま埋葬する「自然葬」があり、緑に囲まれた霊園の敷地内に多くのペットが埋葬されていた。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです