復興相

新任の吉野氏「私は被災者。どなたよりも理解」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
就任会見で記者の質問に答える吉野正芳・新復興相=東京・霞が関で2017年4月26日午後3時40分、中村藍撮影
就任会見で記者の質問に答える吉野正芳・新復興相=東京・霞が関で2017年4月26日午後3時40分、中村藍撮影

記者会見で開口一番 今村氏の発言は改めて「許せない」

 「私は被災者。どなたよりも気持ちを理解している」。今村雅弘前復興相の辞任を受けて就任した吉野正芳復興相は、26日の記者会見で開口一番こう語り、信頼回復への自信をのぞかせた。東日本大震災について「東北だったからよかった」と述べた今村氏の発言については「許せない」と改めて批判した。

 多くのカメラのフラッシュが光る中、紺のスーツにピンクのネクタイ姿の吉野復興相は、やや緊張した表情で復興庁の会見室に姿を見せた。冒頭で「実は私は被災者です」と切り出すと、自宅や事務所が津波で被害を受けたことを明かし、「被災者の気持ちをきちんと理解していると思っている」と胸を張った。その後も「(耳当たりのいい)言葉ではなく、本当の寄り添いを実行する」「本当に被災者に寄り添えるのは私」と身ぶり手ぶりを…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文1003文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集