メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

新年度の緊張、読書でほぐそう

「とるにたらないもの」

 あわただしい新年度の始まりから早くも1カ月がたとうとしている。徐々に新生活に慣れ始め、授業だけでなく、部活動やサークル活動、アルバイトに精を出し始める学生も多いことだろう。しかしハリキリすぎて体調を崩してはいけない。緊張をほぐすためにも、あしたからの大型連休は、たまには家でのんびり読書をして休むのもいいだろう。本が好きなキャンパる記者7人が、おすすめの1冊を紹介する。ぜひ読んでみてほしい。(年は発行年)【まとめ、法政大・真柄瑛行】

 新入生へ通学電車での隙間(すきま)時間におすすめしたいのが、このエッセー集。みずみずしい文章でつづられた60の題材は、まさに題名通り「とるにたらないものもの」。「輪ゴム」や「塩」「ピンク」、また「免税店」など、当たり前に存在しているそれらの意義を、著者は丁寧にすくいあげ、力いっぱい考える。

 私が好きなのは、せっけんについて語られた1コマ。「ほとんど官能的なまでの愛らしさ」という表現に、何度読んでも感動する。せっけんを表すのにぴったりなのだ。

この記事は有料記事です。

残り2783文字(全文3224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです