メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ランキング1位は名作アニメを実写映画化したディズニーの「美女と野獣」だった。「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で、土日2日間で興行収入10億円を超える大ヒットスタートだ。初速は最終興収255億円を記録した「アナと雪の女王」(2014年)の7億6000万円を超えている。

 ディズニーには柱となる5レーベルがある。「美女と野獣」はウォルト・ディズニー・ピクチャーズ。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの「モアナと伝説の海」も、なおランク入りしている。ほか「アベンジャーズ」シリーズ…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです