連載

人生は夕方から楽しくなる

ベテラン記者が大人ならではの滋味ある話を求め、旬の人と語り合う大型インタビュー。人生が楽しくなるヒントをお届けします。金曜日更新。

連載一覧

人生は夕方から楽しくなる

国語学者 金田一秀穂さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビュー後もふらり。釣り堀を見つけ、「たまに糸を垂らしてみるのもいいね」=東京都杉並区で、内藤絵美撮影
インタビュー後もふらり。釣り堀を見つけ、「たまに糸を垂らしてみるのもいいね」=東京都杉並区で、内藤絵美撮影

AIは嫌いだけど「了解=りょ」はOK

 駅前の喫茶店で待ち合わせると、かの3代目は小さなかばんを肩にかけ、サンダル履きでふらりと現れた。辞書の編さんで有名な金田一(きんだいち)家。初代の祖父は京助さん、2代目の父は春彦さん。共に日本語学の権威である。「七光り、十四光りです」とユーモアたっぷり。テレビのバラエティー番組でも、すっかりおなじみになった。

 「ヒデホちゃんもいつか辞書作るんだよね?」。周囲の大人たちにそう言われて育った。反発やら困惑やらで、大学卒業後は就職せず、読書とパチンコにふける「高等遊民」に。父の助言もあり、中国やアメリカで日本語を指導するようになった。その経験を積み重ねた結果、日本語学者の道を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り1518文字(全文1829文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集