メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

俳優・北村総一朗さん、舞台初演出 死を意識「生きる証しに」 戦争は銃後でも起きている

北村総一朗さん=東京都板橋区で2017年4月21日、竹内紀臣撮影

 俳優として半世紀以上のキャリアがある北村総一朗さん(81)が初めて演出に取り組んだ。不毛な開拓村で生きる母と娘を通して国家や戦争を問う故新藤兼人監督の映画「ふくろう」(2004年)を舞台化。4年前にステージ4の前立腺導管がんと診断され、摘出手術を受けた。「81歳の僕にとって演出は生きる証し」と胸の内を明かした。【庄司哲也】

 舞台「ふくろう」は東京都板橋区にある小劇場で17~23日に上演された。ガランとした古民家の居間が舞…

この記事は有料記事です。

残り3274文字(全文3487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです