メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬百湯

/36 倉渕温泉「長寿の湯」(高崎・倉渕町) “幻”の湯脈探り当て 幾多の困難、夫婦で乗り越え /群馬

幻の温泉を“復活”させた川崎秀夫さん、節子さん夫婦=高崎市倉渕町権田の倉渕温泉「長寿の湯」で

 温泉は長い間、土に埋もれ、“幻”とされてきた。それを女将(おかみ)の川崎節子さん(71)、秀夫さん(74)の夫婦が掘り当てたのは昭和の終わり頃のことだった。

 「冬なのに雪解けが早い」。秀夫さんは、この場所に湯脈があることを直感した。当時、東京で地質調査のボーリング会社を経営し、倉渕ダムや八ッ場ダムの建設のためたびたび群馬を訪れていた。しかも、近くには300年前に地元住民が安置したと伝えられる「湯前薬師」像もある。

 つぎ込んだ費用は総額5000万円以上。湯脈探しのため東京を離れる夫に代わって会社の留守番は節子さん…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1001文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです