メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立大

本庶理事長退任へ 「ノーベル賞候補」免疫療法に道 /静岡

4月末での退任を明らかにした県立大の本庶佑理事長=県庁で

 がん治療の切り札として期待が高まる免疫療法の道を開き、ノーベル賞候補とされる県立大の本庶佑(ほんじょたすく)理事長(75)が27日、県庁内で記者会見し、4月末で退任すると明らかにした。次期理事長は未定で鬼頭宏学長が代行する。本庶理事長は5月から京都大高等研究院の特別教授を務める。

 本庶理事長は「在任中に県立大創立30年…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです