メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小牧市

新図書館は直営 新方針案 名鉄小牧駅前に建設 /愛知

 一昨年の住民投票で“否決”され、白紙に戻された小牧市の新図書館建設計画について、同市は27日開かれた市議会文教建設委員会で、新しい建設方針案を明らかにした。旧計画では「ツタヤ方式」と呼ばれる民間委託の運営が採用されたが、新方針案では市直営に変更され、名鉄小牧駅前の市有地に建設するとされた。市は正式決定後、早ければ6月議会に基本設計の作成予算を提案したいとしている。

 方針案は、市立図書館建設審議会(内野安彦会長)が今年2月8日に提出した答申にほぼ沿った内容となった。建設費は35億~40億円、延べ床面積6000平方メートル、蔵書目標は50万点で、旧計画とほぼ同規模となった。今年度に基本設計、2018年度に実施設計し、19年度着工、20年度末の開館を目指す。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです