メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
MAINICHI芸術食堂

映画「美女と野獣」 名作をさらに昇華 /愛知

 日本でも、あの「アナと雪の女王」を超える大ヒットスタートを切った。名作アニメの公開から25年、ディズニーが「ハリー・ポッター」でハーマイオニーを演じたエマ・ワトソンを起用し実写映画化した「美女と野獣」は、しばらく世間を騒がせそうだ。

 身勝手で薄情な王子が、魔女に愛のない心を見抜かれ野獣に変えられる。魔女が残した一輪のバラの花びらが全て落ちる前に「愛し愛されること」を学ばなければ、二度と魔法は解けない。その命運は、小さな村で浮いた存在の娘ベルに託される。読書と空想に夢中な彼女を、周りは「変わり者」とうわさする……。おなじみの物語はベルと野獣の生い立ちなども描かれ、さらに深みが増している。

 まず、作り込まれた世界観が見事だ。巨大なオープンセットでしつらえた村の広場は、花や食べ物、着飾った…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文958文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです