メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

澄川喜一さん

「故郷 元気を出して」 吉賀町出身の彫刻家、新作の除幕式 /島根

新作を除幕する澄川喜一さん(中央左)や六日市小学校の児童(右)ら=島根県吉賀町有飯で、横井信洋撮影

 吉賀町有飯の温泉施設「むいかいち温泉ゆ・ら・ら」の一角に同町出身の彫刻家で東京芸大名誉教授、澄川喜一さん(85)の新作「TO THE SKY」(高さ約4メートル、重さ約6・5トン)が設置され、27日に関係者約100人による除幕式があった。東京スカイツリーのデザイン監修を務め、名誉町民でもある澄川さんは「空に向かうように故郷が元気を出してほしい」と作品に込めた思いを語った。

 そびえ立つ「SKY」の本体には南アフリカ産の黒御影(みかげ)石を使い、台座は国会議事堂と同じという…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです