メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 埼玉県富士見市で4月8、9日の夜に開催された人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のコンサートで、興味深い現象が起こりました。15キロほど離れた東京都内でも、ライブの音が聞こえて苦情が相次いだというのです。

 音量は距離が離れるほど次第に小さくなるのが一般的です。しかし条件がそろえば、音がさほど小さくならないこともあります。夜になって昼間は聞こえなかった遠くの音が聞こえるという経験をした方もいるかと思います。これは辺りが静かになったことと、気象条件が影響していることがあります。

 音は空気の各層の気温によって屈折しながら弧を描くように進みます。暖かい層の方が、より水平に進み、冷たい層ではより垂直に進む性質があります。晴れた日中などたいていの場合、地表の気温は高く、上空ほど低くなっているため、上空に行くほど音は垂直方向に伝わり、上の方に逃げやすくなります。しかし地表付近の気温が低く、上空の方が暖かい場合、上空の層に入ると音は水平方向に進みやすくなります。こうして昼よりも夜の…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです