メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

障害15人 心身に後遺症、手帳取得

 熊本地震の影響で心身に後遺症が残り、新たに障害者手帳を取得した「震災障害者」が少なくとも15人いることが、毎日新聞の取材で分かった。熊本地震で震災障害者の存在が明らかになったのは初めて。震災障害者は、住居や仕事を同時に失うなど困難な状況に直面する例が多いとみられる。しかし、国の福祉制度の中に震災障害者という分類はなく、障害者手帳の申請時に添付する診断書の書式にも障害の原因が自然災害と分かる項目がないなど、その実態はつかめていない。【吉川雄策】

 熊本地震発生後に新たに障害者手帳を申請したケースについて、毎日新聞が熊本県と熊本市、大分県に照会。…

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  5. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです