メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミサイル

学校が注意文書 保護者「不安あおる」 滋賀

「弾道ミサイル飛来に伴う対応について」と題し、滋賀県内各小中学校などが子供や保護者に配布した文書=2017年4月27日、大原一城撮影

 滋賀県内の小中高校と幼稚園が今月21日以降、弾道ミサイル飛来への注意喚起文書を児童生徒に持ち帰らせ、保護者から「子供の不安をあおる」「根拠があるのか」などと疑問視する声が県や市町などに寄せられている。三日月大造知事は26日夜の県政報告会で「伝え方に改善の余地があるならば検討したい」と述べた。

 ミサイルへの注意喚起は内閣府が各都道府県に要請。学校や子供に関する対応は特に指示がなく、滋賀県教委は独自に「午前7時までに屋内避難の呼び掛けが出た場合は臨時休業とする」と決めた。その上で、ミ…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです