メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求

不審はがき相次ぐ 覚えなければ無視を 大阪

 「未払いの料金があり、民事訴訟を開始する」という内容の不審なはがきが大阪府内で相次いで確認されている。相談を受けた消費生活センターは「連絡した人に『弁護士を紹介する』などの名目で支払いを要求する架空請求の手口だ。身に覚えのない請求には応じないでほしい」と注意を呼びかけている。【戸上文恵、道下寛子】

 はがきの送り主は「民事訴訟管理センター」を名乗る。未払いの料金に関して「裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです