メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求

不審はがき相次ぐ 覚えなければ無視を 大阪

 「未払いの料金があり、民事訴訟を開始する」という内容の不審なはがきが大阪府内で相次いで確認されている。相談を受けた消費生活センターは「連絡した人に『弁護士を紹介する』などの名目で支払いを要求する架空請求の手口だ。身に覚えのない請求には応じないでほしい」と注意を呼びかけている。【戸上文恵、道下寛子】

 はがきの送り主は「民事訴訟管理センター」を名乗る。未払いの料金に関して「裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです