メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却 財務局が申請資料渡す 手順を記載

森友学園の小学校用地=大阪府豊中市で2017年3月、本社ヘリから森園道子撮影

設立認可の審査前に学園側に 財務局側の配慮が浮き彫り

 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る問題で、小学校の設立認可の審査前に、財務省近畿財務局が売却までの手順を書いた説明資料を学園側に渡していたことが分かった。必要な申請書類の文案も用意するなど、学園による土地取得がスムーズに進むようにしていた財務局側の配慮が浮き彫りになった。

 国会審議で財務省が資料の作成を認めている。民進党は28日午前から午後にかけ、党会合で学園の籠池泰典前理事長や財務省の関係者からヒアリングをして、学園と財務局の間の土地取得を巡る交渉経緯を調べる。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです