メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

籠池氏「昭恵氏に報告したので財務省が前向き」

民進党の「森友学園への国有地売却問題解明PT」によるヒアリングで話す、学校法人「森友学園」前理事長の籠池泰典氏=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2017年4月28日午前10時40分、宮武祐希撮影

民進党が国有地売却問題で籠池氏から聞き取り調査

 森友学園への国有地売却問題で、民進党は28日、籠池泰典前理事長への聞き取り調査をした。学園は当初、小学校開校に向け、大阪府豊中市の国有地の定期借地を希望していたが、籠池氏は「(国有財産を管理する)財務省に、(安倍晋三首相の妻)昭恵氏に報告していると伝えたら前向きになった」と説明。「昭恵氏に名誉校長になってもらい、土地問題がスピーディーに動いた」と述べた。

 籠池氏は2014年3月に東京のホテルで昭恵氏と会い、開校計画を説明したという。籠池氏は「昭恵氏から『主人に伝えます。何かすることがありますか』と言われた」と振り返った。国有地の取得は買い取りが基本だが、学園は当時、定期借地を希望していた。籠池氏は財務省近畿財務局に、昭恵氏に経過を適時報告していると伝えると、「14年夏ごろから前向きになってくれた」と話した。

 一方、籠池氏は、借地賃料についても近畿財務局から金額提示があったと説明した。籠池氏は「(財務局担当者から)ストライクゾーンがあり、高い方で2700万円、低い方で2100万円と言われ、低い方にしてくださいとお願いした」と明らかにした。

 15年5月に国有地を借りて小学校の建設工事を始めたが、翌年3月、地中に大量のごみがあることが判明。計画の遅延を懸念した籠池氏は3月15日、財務省を訪れ、国有財産審理室長の田村嘉啓氏らと面会した。籠池氏は会話を録音しており、財務省側は国有地の定期借地を認めた点に触れ「貸し付けは特例だった」と発言。ごみ処理も「責任があればしっかり対応する」と学園に配慮する姿勢を見せていた。民進党の聞き取りの中で、籠池氏は「財務省には昭恵氏に報告していると伝えていた。特例というのはこのことか、ありがたいことやな、と思った」と述べた。

 籠池氏は今年3月に学園の理事長を退任、長女の町浪(ちなみ)氏と交代した。籠池氏は国会の証人喚問と日本外国特派員協会(東京都)での記者会見があった3月23日以降、公開の場で説明していなかった。【米山淳、山崎征克】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『あらびき団』に不正発覚? 東野幸治&藤井隆が告発「一時はやめようという話も…」
  2. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード
  3. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  4. 明石家さんま 25年ぶり東海テレビ出演へ 思い出の名古屋・大須演芸場を訪れる
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]