メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

籠池氏「昭恵氏に報告したので財務省が前向き」

 森友学園への国有地売却問題で、民進党は28日、籠池泰典前理事長への聞き取り調査をした。学園は当初、小学校開校に向け、大阪府豊中市の国有地の定期借地を希望していたが、籠池氏は「(国有財産を管理する)財務省に、(安倍晋三首相の妻)昭恵氏に報告していると伝えたら前向きになった」と説明。「昭恵氏に名誉校長になってもらい、土地問題がスピーディーに動いた」と述べた。

 籠池氏は2014年3月に東京のホテルで昭恵氏と会い、開校計画を説明したという。籠池氏は「昭恵氏から『主人に伝えます。何かすることがありますか』と言われた」と振り返った。国有地の取得は買い取りが基本だが、学園は当時、定期借地を希望していた。籠池氏は財務省近畿財務局に、昭恵氏に経過を適時報告していると伝えると、「14年夏ごろから前向きになってくれた」と話した。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 19日開幕に影響懸念

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ポストコロナの世界 「人生は富を築くだけのものなのか」 “世界一貧しい”元大統領がコロナ禍で問う価値観

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです