日露協力

医療で成果 「福島廃炉」引き続き検討

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は27日の首脳会談で、医療やエネルギー開発など8項目の経済協力プランの実現に向けた作業計画の改定に合意した。医療や都市開発の分野で具体化に向けた検討が進んだ。一方、経済界の期待が大きいエネルギー開発分野の進展は限定的だった。

 8項目の経済協力プランは、昨年12月に東京都内で開かれた日露首脳会談で合意した。原油価格低迷の影響で停滞する自国経済を底上げしたいロシアと、経済協力の強化により北方領土問題解決の糸口を作りたい日本の思惑が一致して実現。その後、協力プランの具体化に向けて、日露の官民で作業計画の改定を進…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文687文字)

あわせて読みたい

注目の特集