メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清水女流六段、初の女性理事に

理事に内定した清水市代女流六段=竹内紀臣撮影

 日本将棋連盟の役員(理事)予備選挙の投開票が27日行われ、谷川浩司前会長の辞任を受けて2月に会長に就任した佐藤康光九段(47)、名人8期でフリークラス転出を宣言した森内俊之九段(46)、女性で初めて立候補した清水市代女流六段(48)ら7人が理事に内定した。5月29日の棋士総会で正式に選任される。清水女流六段は、将棋界初の女性常勤理事となる。内定した理事は次の通り。<東京=定員5>佐藤九段、森内九段、森下卓九段(50)、鈴木大介九段(42)、清水女流六段<関西=同2>井上慶太九段(53)、脇謙二八段(56)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏の高校野球 延長戦で競り勝ち花咲徳栄 初の決勝戦進出
    2. 温泉施設 洗い場やジェットバスが泡だらけ いたずらか
    3. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 栃木県立宇都宮女子高/2 演劇も歌も 欲張り許容 渡辺江里子さん /東京
    4. 特集ワイド 田原総一朗さん、「政治生命を懸けた冒険」って? 「ミサイル」解決へ首相は動く 対北朝鮮、月内にもアクション
    5. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]