メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本将棋連盟

清水女流六段、初の女性理事に

理事に内定した清水市代女流六段=竹内紀臣撮影

 日本将棋連盟の役員(理事)予備選挙の投開票が27日行われ、谷川浩司前会長の辞任を受けて2月に会長に就任した佐藤康光九段(47)、名人8期でフリークラス転出を宣言した森内俊之九段(46)、女性で初めて立候補した清水市代女流六段(48)ら7人が理事に内定した。5月29日の棋士総会で正式に選任される。清水女流六段は、将棋界初の女性常勤理事となる。内定した理事は次の通り。<東京=定員5>佐藤九段、森内九段、森下卓九段(50)、鈴木大介九段(42)、清水女流六段<関西=同2>井上慶太九段(53)、脇謙二八段(56)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです