メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲住民訴訟

石原氏証人尋問、都側が結論留保

 東京都の豊洲市場(江東区)の土地購入を巡って石原慎太郎元知事の責任を追及している住民訴訟の進行協議が27日、東京地裁であった。小池百合子知事が石原氏の責任の有無を検討している訴訟方針について、都側は結論を留保。原告側が求める石原氏らの証人尋問については「拒絶するつもりはない」と述べたが、正式な意見表明はしなかった。

 協議は非公開。記者会見した原告側弁護団によると、都側は、これまで黒塗りされていた資料や、豊洲市場へ…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文450文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです