メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

進化する宇宙探検2(2017年6月号より)

[PR]

■基地作りめざし、来年には月の裏側へ

 月の探検をしている中国の「嫦娥」。4号が2018年、月の裏側を探査する。さらに、地球との通信中継にもいどむ。どこもやったことがないので、世界中が注目している。月の裏と地球との通信には「ラグランジュ点」という特別な位置にあらかじめデータ中継衛星を配置しておくことで可能になる。

月のふしぎ1

 月には表と裏があるって知っていた? いつも見えている表側はウサギのもちつきの影がみえる。逆側は地球から見えない。それは、なぜだろう?

 月は27.3日かけて1回転する。その自転をしながら同じ27.3日で地球の周りを1回転する公転をしている。図は実際に動くようすをあらわしたもの。同じ速さで二つの1の矢印を動く。すると、地球の人からはいつも、同じ面、表側が見えるというわけ。

 ただし、月には満ち欠けがあり、見かけの形は変わる。

★★★6月号では宇宙開発のトピックをさらにくわしくお伝えします。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです