特集

第80期名人戦

第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第75期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・稲葉陽八段 第1局の13

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

最速の寄せ 観戦記・関浩

 図から佐藤は[先]5六角と放ち、やはり馬を消しにかかった。交換を嫌って[後]8七馬なら、途端に[先]8二歩のたたきが幸便になる。[後]同飛に[先]7一銀、または[先]7一銀を含みに[先]4二と。形勢はたちどころに急接近する。

 優勢とはいえ、稲葉とて気は抜けない。がっちり玉を囲い合った矢倉戦とは違い、横歩取り戦は1手の緩手で流れが変わる。じっくり腰を据えて24分を投じ、[後]5六同馬と交換に応じた。

 控室では昨譜で触れた通り、続いて[後]2七歩成を予想していたが、稲葉はノータイムで[後]7八角と放ち、再び挟撃態勢を敷いた。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文613文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集