下町ボブスレー

加速 ジャマイカチームと平昌目指す 「100分の1秒でも速く」意気込む /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
下町ボブスレーの最新型(右)と1号機を前に笑顔を見せるジャズミン・フェンレイタービクトリアン選手(中央)とプロジェクトのメンバーら=大田区南蒲田1の大田区産業プラザで
下町ボブスレーの最新型(右)と1号機を前に笑顔を見せるジャズミン・フェンレイタービクトリアン選手(中央)とプロジェクトのメンバーら=大田区南蒲田1の大田区産業プラザで

 2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪出場を目指し、大田区内にある町工場の経営者らがボブスレーのそりを作り、ジャマイカの代表チームが乗り込む「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」の動きが加速している。28日はプロジェクト推進委員会が記者会見し、選手の意見を取り入れて、そりをさらに軽量化する方針を発表。26日には地元の経済団体などが応援団を発足させており、推進委の細貝淳一ゼネラルマネジャー(51)は「100分の1秒でも速く走れるように改良したい」と意気込んでいる。

 推進委によると、ボブスレーで使うそりは、主にBMWやフェラーリなど欧州の高級自動車メーカーが製造している。一方、大田区では町工場の高い加工技術をアピールしようと若手経営者らが立ち上がり、12年にプロジェクトをスタートさせた。昨年10月、ジャマイカの国旗に合わせた黒、黄、緑の完成品を披露している。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文865文字)

あわせて読みたい

注目の特集