メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南阿蘇鉄道、全線復旧目指す 再生協議会が設立 /熊本

 熊本地震で大規模な被害を受けた第三セクター「南阿蘇鉄道」(高森町、17・7キロ)を復旧するため、県や沿線自治体でつくる南阿蘇鉄道再生協議会の設立総会が28日、熊本市の県庁であった。会長には田嶋徹副知事が就き、今後月1回程度の会合を重ねて全線復旧を目指す。

     国は被害調査に基づいた復旧費を約70億円と見込んでいると説明があった。立野-長陽駅間(4・7キロ)の被害が大きいため設計に着手する時期が決まっておらず、全線復旧時期は見通しが立っていない。【野呂賢治】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 板野友美、男性の好みは中身重視「自信と芯のある人」
    2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    3. メキシコ 土中に240遺体 麻薬犯罪被害か
    4. 共謀罪 新宿で廃止求める街宣活動
    5. 死体遺棄 赤ちゃんの遺体持参し高2出頭 名古屋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]