メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南阿蘇鉄道、全線復旧目指す 再生協議会が設立 /熊本

 熊本地震で大規模な被害を受けた第三セクター「南阿蘇鉄道」(高森町、17・7キロ)を復旧するため、県や沿線自治体でつくる南阿蘇鉄道再生協議会の設立総会が28日、熊本市の県庁であった。会長には田嶋徹副知事が就き、今後月1回程度の会合を重ねて全線復旧を目指す。

     国は被害調査に基づいた復旧費を約70億円と見込んでいると説明があった。立野-長陽駅間(4・7キロ)の被害が大きいため設計に着手する時期が決まっておらず、全線復旧時期は見通しが立っていない。【野呂賢治】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長時間労働 夫に「早く帰って」4割 収入減ったら…
    2. 人生相談 「学校に行け」が忘れられない=回答者・ヤマザキマリ
    3. 女子高校生 いじめで自殺か…直前にライン送信 北九州
    4. 特集ワイド 加計学園問題 首相は便宜を図った? 「法治」揺るがす「人治」
    5. 留学生長時間労働 「串かつだるま」に罰金刑 大阪簡裁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]