メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー

朗読劇で原発廃止訴え 俳優・中村敦夫さん

俳優 中村敦夫さん

 テレビ時代劇「木枯し紋次郎」で「あっしには、かかわりのねえこって」が決めぜりふだった俳優、中村敦夫さん(77)だが、この十数年、環境問題に深くかかわっている。特に福島第1原発事故以降はさまざまな形で原発廃止を呼びかけている。5月からは朗読劇「線量計が鳴る」で全国を回る。まるで修行僧のような命がけの訴えだ。【森忠彦】

この記事は有料記事です。

残り2137文字(全文2296文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 夏の高校野球 1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]