インタビュー

朗読劇で原発廃止訴え 俳優・中村敦夫さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
俳優 中村敦夫さん
俳優 中村敦夫さん

 テレビ時代劇「木枯し紋次郎」で「あっしには、かかわりのねえこって」が決めぜりふだった俳優、中村敦夫さん(77)だが、この十数年、環境問題に深くかかわっている。特に福島第1原発事故以降はさまざまな形で原発廃止を呼びかけている。5月からは朗読劇「線量計が鳴る」で全国を回る。まるで修行僧のような命がけの訴えだ。【森忠彦】

この記事は有料記事です。

残り2137文字(全文2296文字)

あわせて読みたい

注目の特集