メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

座談会(その1) 眼前の危機、冷静に

池上彰委員

 米国のトランプ政権が発足して3カ月が過ぎ、世界各国に影響が出てきました。突然、今月6日にシリアのアサド政権に対する軍事攻撃に踏み切ったトランプ大統領。北朝鮮への圧力も強め、朝鮮半島情勢の緊張感も高まっています。排外的な空気は、オランダ、フランス、英国など欧州の選挙戦にも影を落とし、移民をめぐる世論の分裂を招いています。国内にも排外的な空気が広がっていることは事実です。「トランプと世界・日本」はどこへ向かい、新聞の報道はどのようにあるべきでしょうか。4人の委員から意見をうかがいました。=座談会は20日開催【司会は小松浩主筆、写真は内藤絵美】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  4. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです