メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

烏鷺日和

棋士とAI「最終決戦」へ=金沢盛栄(編集委員)

AIについて語り合う山中伸弥・京都大iPS細胞研究所所長(左)と井山裕太本因坊=京都市左京区で25日、小松雄介撮影

 <烏鷺日和(うろびより)>

 囲碁に関わって50年余り。これだけの期間、同じようなことをやっていれば、いろいろなことが起こる。その中で、間違いなく最大となった出来事が二つあり、それは昨年、ほぼ同時にやってきた。

 一つは人工知能(AI)ソフト「アルファ碁」が世界のトップ棋士に圧勝したこと(2016年3月15日)であり、もう一つは井山裕太本因坊による7冠同時制覇(同4月20日)である。

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1212文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです