メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

烏鷺日和

棋士とAI「最終決戦」へ=金沢盛栄(編集委員)

AIについて語り合う山中伸弥・京都大iPS細胞研究所所長(左)と井山裕太本因坊=京都市左京区で25日、小松雄介撮影

 <烏鷺日和(うろびより)>

 囲碁に関わって50年余り。これだけの期間、同じようなことをやっていれば、いろいろなことが起こる。その中で、間違いなく最大となった出来事が二つあり、それは昨年、ほぼ同時にやってきた。

 一つは人工知能(AI)ソフト「アルファ碁」が世界のトップ棋士に圧勝したこと(2016年3月15日)であり、もう一つは井山裕太本因坊による7冠同時制覇(同4月20日)である。

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです