メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 茶道の稽古(けいこ)といえば、点前を指す。だが、点前がうまくなるだけでは、客を心から満足させる「茶事」ができるわけではない。常識にとらわれない男性メンバーだけの茶事グループを通して見えてきたことは--。

 茶道を習得する目的の一つに茶事がある。茶事とは、4時間を使った2幕のドラマと言える。

 1幕目は懐石といわれる軽い食事と二献か三献の酒を出し、2幕目は濃茶・薄茶を点(た)てて出す。客を迎えて送り出すまでの時間が約4時間。基本は、千利休以来400年間変わらない。

 三十数年前の事である。学生時代から点前の稽古だけは続けていた私は、裏千家名誉教授だった浜本宗俊(そ…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

  5. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです