メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
リスタート・第66回黒鷲旗バレー

/下 久光製薬(女子) 若手の個性生かす

選手に熱心に指導する酒井監督(左)

 常勝チームを率いる重圧は大きかった。今季プレミアリーグ開幕直前の昨年10月、久光製薬・中田久美前監督(51)の女子日本代表監督選出に伴い、後任に就いたのが酒井新悟監督(47)だった。男子の堺の監督を2009年から5年務めてプレミア優勝2回の実績を持つが、女子の指導は初めて。「女性監督の方が同性同士で選手の精神面をサポートしやすい面はあったと思う。リーグ戦の中で勉強しながらの毎日だった」と振り返る。

 監督在任4シーズンでプレミア優勝3回、全日本選手権4連覇を果たした中田前監督のアドバイスを受けなが…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文807文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

  5. 三大ピラミッド3Dデータ生成 石材の細部、把握可能 建設の謎解明へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです