メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シャープ

3年ぶり黒字 コスト削減を徹底

シャープの戴正呉社長=川平愛撮影

 経営再建中のシャープが28日に発表した2017年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が624億円の黒字(前期は1619億円の赤字)となり、3年ぶりの黒字となった。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下でコスト削減などを徹底し、液晶パネルや太陽光パネルの売り上げ減を補った。

 売上高は前期比16.7%減の2兆506億円だった。経営危機の中、米国におけるテレビの生産・販売からの撤退といった不採算事業の見直しが影響した。

 最終(当期)損益は、出資する液晶パネル製造子会社の販売不振などを受け、248億円の赤字だった。最終赤字は前期の2559億円から圧縮でき、東京都内で記者会見した野村勝明副社長は「新生シャープとして再生の道を踏み出せた」と業績回復への手応えを語った。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです