メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クルド人

シリア北部で自治政府樹立目指す 都内で会見

北シリア自治政府準備議会のユスフ共同議長=東京都内で2017年4月28日午前10時51分、松井聡撮影

 シリア、トルコ、イラクのクルド人の議員やジャーナリストら8人が28日、東京都内で記者会見し、内戦が続くシリアの北部で自治政府樹立を目指す方針を改めて強調した。また、トルコでクルド系政党の議員や支持者が多数逮捕されていることについて「エルドアン政権は独裁的だ」と批判した。

     北シリア自治政府準備議会のユスフ共同議長は「シリアでアサド政権が存続するか否かにかかわらず、中央集権の形が続くことはあり得ない」と述べ、連邦制の導入と北部での自治権獲得に意欲を示した。一方、トルコ軍がシリアやイラクのクルド人支配地域で行っている空爆について「クルド人が国家を持つことを妨害するためだ。国際法違反であり、国際社会が止めてほしい」と訴えた。

     クルド人はシリア、トルコ、イラクなどの国境をまたいで約2000万~3000万人が居住し、「国を持たない最大の民族」と言われる。独自国家の樹立が悲願とされ、トルコとは歴史的に対立関係にある。【松井聡】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
    2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
    4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
    5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]