安保理閣僚級会合

「北朝鮮制裁強化を」米国務長官訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は28日午前(日本時間同日夜)、北朝鮮の非核化に関する閣僚級会合を開いた。北朝鮮包囲網の構築を狙う米国のティラーソン国務長官は「北朝鮮によるソウルや東京への核攻撃は現実の脅威だ」と強調したうえで、「安保理は北朝鮮が行動する前に行動すべきだ」と主張。北朝鮮に対する外交的な圧力と経済制裁を強化することを訴えた。

 議長を務めたティラーソン氏は具体案として、安保理制裁決議の完全な履行▽北朝鮮との外交関係の中断または制限▽北朝鮮を支援する第三国に対する金融制裁も含めた経済制裁強化--などを挙げた。米国の目的は「北朝鮮の政権転覆ではない」とし、北朝鮮が非核化に向けて具体的行動を取ることで政治的解決への道が開かれると指摘。「すべての選択肢はテーブルの上にある」と、必要ならば軍事的行動を取る準備があることも改めて明…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文652文字)

あわせて読みたい

注目の特集