グノシー

「釣り記事」対策着手 読者行動パターンで判別

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
グノシーの「クリックベイト(釣り記事)」対策について説明する、同社の共同創業者の関喜史氏=2017年4月28日午後1時55分、尾村洋介撮影
グノシーの「クリックベイト(釣り記事)」対策について説明する、同社の共同創業者の関喜史氏=2017年4月28日午後1時55分、尾村洋介撮影

 ニュースアプリを運営するグノシー(東京都港区)は28日、大げさな見出しで読者を引きつけるなどの「クリックベイト(釣り記事)」対策に乗り出したと発表した。見出しをクリックした後、記事本文を読んだ読者の行動パターンから「釣り記事」か否かの判別を試みる、利用者の行動ベースの技術的アプローチとなっている。

 グノシー社の共同創業者・関喜史氏が同日、「釣り記事」排除に向けた対策の現状と目指している方向性について、報道陣に詳細を説明した。

 釣り記事とは、記事本体はさして読者を引きつける内容ではないのに、ウェブの検索結果やアプリ画面で、見出しやサムネイル画像を大げさに表示したりするもの。記事がユーザーの関心ある内容と誤解させることを狙うものもある。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1547文字)

あわせて読みたい

注目の特集