メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グノシー

「釣り記事」対策着手 読者行動パターンで判別

グノシーの「クリックベイト(釣り記事)」対策について説明する、同社の共同創業者の関喜史氏=2017年4月28日午後1時55分、尾村洋介撮影

 ニュースアプリを運営するグノシー(東京都港区)は28日、大げさな見出しで読者を引きつけるなどの「クリックベイト(釣り記事)」対策に乗り出したと発表した。見出しをクリックした後、記事本文を読んだ読者の行動パターンから「釣り記事」か否かの判別を試みる、利用者の行動ベースの技術的アプローチとなっている。

 グノシー社の共同創業者・関喜史氏が同日、「釣り記事」排除に向けた対策の現状と目指している方向性について、報道陣に詳細を説明した。

 釣り記事とは、記事本体はさして読者を引きつける内容ではないのに、ウェブの検索結果やアプリ画面で、見…

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです