メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グノシー

「釣り記事」対策着手 読者行動パターンで判別

グノシーの「クリックベイト(釣り記事)」対策について説明する、同社の共同創業者の関喜史氏=2017年4月28日午後1時55分、尾村洋介撮影

 ニュースアプリを運営するグノシー(東京都港区)は28日、大げさな見出しで読者を引きつけるなどの「クリックベイト(釣り記事)」対策に乗り出したと発表した。見出しをクリックした後、記事本文を読んだ読者の行動パターンから「釣り記事」か否かの判別を試みる、利用者の行動ベースの技術的アプローチとなっている。

 グノシー社の共同創業者・関喜史氏が同日、「釣り記事」排除に向けた対策の現状と目指している方向性について、報道陣に詳細を説明した。

 釣り記事とは、記事本体はさして読者を引きつける内容ではないのに、ウェブの検索結果やアプリ画面で、見出しやサムネイル画像を大げさに表示したりするもの。記事がユーザーの関心ある内容と誤解させることを狙うものもある。

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです