メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンション訴訟

敷地に戸建て住宅 「撤去」の訴え退ける

マンション敷地内に新築された戸建て住宅=東京都杉並区で24日

「生活環境侵害」認めず 東京地裁判決

 東京都杉並区のマンションの住民が、敷地内に戸建て住宅が新築され違法状態になったため、不動産業者に慰謝料の支払いや住宅の撤去などを求めた訴訟があり、東京地裁(谷口安史裁判長)は28日、33万円の支払いを命じ、撤去については退ける判決を言い渡した。

 このマンションは46年前に建てられた。3年前に土地を所有する不動産業者が駐車場部分を転売し、住宅6棟が新築された。このため、マンションの敷地部分が減り、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合「容積率」が、建築基準法…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです