メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンション訴訟

敷地に戸建て住宅 「撤去」の訴え退ける

マンション敷地内に新築された戸建て住宅=東京都杉並区で24日

「生活環境侵害」認めず 東京地裁判決

 東京都杉並区のマンションの住民が、敷地内に戸建て住宅が新築され違法状態になったため、不動産業者に慰謝料の支払いや住宅の撤去などを求めた訴訟があり、東京地裁(谷口安史裁判長)は28日、33万円の支払いを命じ、撤去については退ける判決を言い渡した。

 このマンションは46年前に建てられた。3年前に土地を所有する不動産業者が駐車場部分を転売し、住宅6棟が新築された。このため、マンションの敷地部分が減り、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合「容積率」が、建築基準法…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです