マンション訴訟

敷地に戸建て住宅 「撤去」の訴え退ける

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マンション敷地内に新築された戸建て住宅=東京都杉並区で24日
マンション敷地内に新築された戸建て住宅=東京都杉並区で24日

「生活環境侵害」認めず 東京地裁判決

 東京都杉並区のマンションの住民が、敷地内に戸建て住宅が新築され違法状態になったため、不動産業者に慰謝料の支払いや住宅の撤去などを求めた訴訟があり、東京地裁(谷口安史裁判長)は28日、33万円の支払いを命じ、撤去については退ける判決を言い渡した。

 このマンションは46年前に建てられた。3年前に土地を所有する不動産業者が駐車場部分を転売し、住宅6棟が新築された。このため、マンションの敷地部分が減り、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合「容積率」が、建築基準法…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

あわせて読みたい

ニュース特集