メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

先帝祭

本番控え手順確認 上臈参拝リハーサル 赤間神宮 /山口

天橋で外八文字のリハーサルをする太夫

 壇ノ浦の合戦で敗れ、わずか8歳で入水(じゅすい)した安徳帝の霊をなぐさめる「先帝祭」(5月3日)を前に29日、下関市の赤間神宮で上臈(じょうろう)参拝のリハーサルが開かれた。

 観光客らが見守る中、稚児や官女らを従えた太夫が水天門から本殿にかけられた天橋を渡り、独特の足さばき「外八文字」や神事に臨む手順など…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです