メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多どんたく港まつり

博多松囃子・大黒流 女性が初、傘鉾に絵 「名誉なこと」 あす「御神入」に出席 /福岡

博多どんたく港まつりでお披露目される大黒流の町傘鉾と、日本画家の峰松さん

 博多どんたく港まつり(5月3、4日)の幕開けを飾る博多松囃子(まつばやし)で、今年の大黒流(ながれ)の傘鉾(かさぼこ)の垂れの絵を女性日本画家4人が手掛けた。800年以上の歴史があり、どんたくの起源となった博多松囃子で、大黒流の傘鉾の絵を女性が描いたのは初めてという。【山崎あずさ】

 描いたのは、県美術協会会員で日本画家の峰松由布子さん(32)=南区=ら県内在住の20~30代の4人。峰松さんは「関わることができたのは大変名誉なこと」と喜ぶ。

 大黒流の今年の当番町、古門戸町二区の話し合いで県美術協会会員の津田三朗さん(59)に「いい絵を描く…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文673文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです