メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多どんたく港まつり

博多松囃子・大黒流 女性が初、傘鉾に絵 「名誉なこと」 あす「御神入」に出席 /福岡

博多どんたく港まつりでお披露目される大黒流の町傘鉾と、日本画家の峰松さん

 博多どんたく港まつり(5月3、4日)の幕開けを飾る博多松囃子(まつばやし)で、今年の大黒流(ながれ)の傘鉾(かさぼこ)の垂れの絵を女性日本画家4人が手掛けた。800年以上の歴史があり、どんたくの起源となった博多松囃子で、大黒流の傘鉾の絵を女性が描いたのは初めてという。【山崎あずさ】

 描いたのは、県美術協会会員で日本画家の峰松由布子さん(32)=南区=ら県内在住の20~30代の4人。峰松さんは「関わることができたのは大変名誉なこと」と喜ぶ。

 大黒流の今年の当番町、古門戸町二区の話し合いで県美術協会会員の津田三朗さん(59)に「いい絵を描く…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文673文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]