メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

トランプ政権100日 行動計画実現1割

 【ワシントン高本耕太、清水憲司、ロサンゼルス長野宏美】トランプ米大統領は29日、就任から100日目を迎えた。新政権の評価の節目とされるが、「米国第一主義」に基づく公約の大半は立ち往生。今後の政権運営にも危うさがつきまとう。

司法と議会が壁

 「政権100日というばかげた基準の下で、どれだけ私が成し遂げたとしてもメディアは黙殺する」。トランプ氏は21日にツイッターで、対立関係が続く主要メディアに毒づいた。だが大統領選中の昨年10月、就任直後に着手する政策をまとめた「100日行動計画」を発表し、節目を設定したのはトランプ氏本人だ。

 米紙ワシントン・ポストの専用サイト「ファクト・チェッカー」は27日現在、トランプ氏の行動計画に盛り…

この記事は有料記事です。

残り1929文字(全文2244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです