メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『地方自治のあり方と原子力』=反原発運動全国連絡会・編

 (七つ森書館・2700円)

 福島第1原発事故の前、原子力防災対策の範囲は10キロ圏内とされた。しかし、福島事故で政府が定めた避難区域は50キロ近くに及び、原発は「立地自治体」だけの問題ではないことが広く知られた。執筆者の多くは「被害地元」になりうると動いた住民や自治体の首長、議員たちだ。

 巻頭は、「被害地元」の言葉を発明した嘉田由紀子・前滋賀県知事がインタビューで登場する。「リスクの見える化…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. ORICON NEWS 急性白血病で闘病中の岡村孝子、インスタで退院を報告 ファンから祝福の声

  4. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです