メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『沖縄VS.安倍政権 沖縄はどうすべきか』=宮里政玄・著

 (高文研・1620円)

 著者は、沖縄の政治外交史研究の大御所中の大御所で、1931年生まれ。冷静にアメリカの沖縄統治構造や日米関係を研究してきた。そんな著者が、こんなにも「過激」なタイトルの本を出さざるを得ないことに、米軍基地問題に対する沖縄の論壇の強いいらだちを感じた。

 内容は、タイトルほど過激ではない。むしろ、沖縄で主流と思われる政治的な主張の背景にある現状認識をコンパクトに…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです