競馬

キタサンブラックが連覇 天皇賞・春

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中央競馬の第155回天皇賞・春(G1)は30日、京都競馬場の芝3200メートルに17頭が出走して行われ、1番人気のキタサンブラックが3分12秒5のレコードタイムで2連覇を達成し、賞金1億5000万円を獲得した。歌手の北島三郎さんがオーナーでG15勝目。同レース連覇は2013、14年のフェノーメノ以来3年ぶり4頭目。武豊騎手は同レース8勝目で、同一G1レース勝利数で史上最多となった。

 キタサンブラックは2番手につけて最終コーナー付近で先頭に立ち、そのまま逃げ切った。2着は4番人気のシュヴァルグラン、3着は2番人気のサトノダイヤモンドだった。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文804文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集