メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ASEAN首脳会議

「南シナ海」表現弱める…議長声明案

 【バンコク西脇真一】東南アジア諸国連合(ASEAN)は29日、フィリピンの首都マニラで首脳会議を開いた。朝鮮半島情勢や中国が軍事化を進める南シナ海問題も含めた議長声明が発表される見通し。毎日新聞が入手した28日時点の声明案は、南シナ海問題に関し「一部首脳の深刻な懸念に留意する」とし、以前の声明案より表現が弱まった。

 28日の声明案では、一部加盟国が中国との2国間関係を改善させていると指摘したうえで「開発や活動の活発化に対する一部首脳による深刻な懸念に留意する」と明記した。18日段階では「一部首脳による深刻な懸念を共有する」となっていた。「法的、外交的プロセスを最大限に尊重」との表現も削除された。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです