氷の水族館

6年ぶり復活 600匹、冷凍庫で泳ぐ 宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災の津波で被災し、休館が続いていた宮城県気仙沼市の「氷の水族館」が29日、同市の観光施設「海の市」内に6年ぶりに復活した。

 同館は2002年オープン。気仙沼漁港で水揚げされた魚介類を氷漬けにして展示していた。6年ぶりに復活した同館は、氷点下20度の冷凍庫でカツオやサンマ、イワシなど46種類、約600匹の魚介類を、海中で泳いでいるかの…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集