ホーム転落防止

全盲の落語家、桂福点さんが創作落語披露

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 全盲の落語家、桂福点さん(49)が29日、京都市内であった落語会で、視覚障害者の駅ホームからの転落事故防止を訴える創作落語「駅で落ちない落語」を初披露した。電車好きの全盲の男性が駅で人を救う話で、思いやりの大切さを訴えた。

 大阪府柏原市の近鉄大阪線河内国分駅で昨年10月、全盲の近藤恒久さん(当時40歳)が誤ってホームから落ち特急電車にはねられ亡くなった。近藤さんと交友があった福点さんは、視覚障害者が置かれた状況を広く知らせ、近藤さんの無…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

あわせて読みたい

ニュース特集