メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

「姉・米原万里」韓国で好評 井上ユリさん、李賢進さん

 ロシア語同時通訳者で、作家の米原万里さん(1950~2006年)の生前の思い出を、妹・井上ユリさん(64)がつづった「姉・米原万里 思い出は食欲と共に」が韓国語に翻訳され、1月に出版された。翻訳者の李賢進さん(53)とソウル市内の大型書店を訪れた井上さんは「万里は韓国で人気と聞いていたけれど、私の本まで書店に並ぶとは」と感慨深げだった。

 万里さんの本は、06年に李さんが翻訳したのを皮切りにほとんどが韓国で出版された。プラハのソビエト学校の同級生を30年後に訪ねる「嘘(うそ)つきアーニャの真っ赤な真実」や、世界の食をテーマにした「旅行者の朝食」などの代表作は文庫になり、書店にはミニコーナーもある。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです