メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

閣議決定は万能か 昭恵氏「私人」に疑問/「政府が好きなように現実作る」

 安倍晋三内閣の閣議決定は「水戸黄門」の印籠(いんろう)なのか。「安倍昭恵氏は私人」「森友学園への国有地払い下げで政治家からの不当な働きかけはなかった」「教育勅語の教材使用は否定しない」。いずれも、閣議決定された答弁書の中身だ。事実かどうかが判明していない内容を含んでいるのに閣議で決めてしまえば、反論を許さない雰囲気になりはしないか。疑念が晴れるような「決定」にも思えないのだが--。【井田純】

 「あの閣議決定で私の講義にエールを送ってくれた、というわけではないでしょうね」。苦笑まじりに話すのは「教育法」の講義で学生に教育勅語を読ませている東京学芸大の斎藤一久准教授(憲法学)だ。「戦前の教育は天皇の大権事項で、頂点に教育勅語があり、さまざまな勅令がありました。日本国憲法と教育基本法に基づく民主的な教育と比較するための教材として取り上げてきたのです」

この記事は有料記事です。

残り2509文字(全文2887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです